香典受付は誰に頼む

完全に親族だけの家族葬でしたら、受付の人を頼まないこともありますが、
小規模な葬儀でも親族以外の参列がある場合は、親族以外の人に受付をお願いしたほうがよいです。

香典受付を親族以外に頼む

葬儀社スタッフの業務に受付業務は含まれません。
お金を扱うことになるため、香典を預かることはしてもらえないのです。

そこで、喪主が受付を手伝ってくれる人を手配する必要があります。

お金を扱うので、しっかりとした人で、故人と近い人よりも、喪主と近い人がよいでしょう。
喪主の親友や会社の同僚、後輩などにお願いすることが多いと思います。

受付業務の詳細は、葬儀社スタッフが教えてくれます。
参列者に記帳していただく芳名帳や葬儀社によっては簡易金庫なども用意してくれるので、時間に遅れない人に喪服着て身一つで来てもらえれば大丈夫です。

受付の方は、少し前に集合いただき、通夜や告別式が始まっても、遅れてくる参列者もいるのでしばらく受付に張り付いていてもらう必要があります。
特に通夜は、時間を揃えずにバラバラと参列者が来ることが今でも多いので、式が始まってからもかなり遅くまでも受付にいてもらうことになります。

冬などは、受付周辺は外に近くかなり冷え込んだりと、なかなか大変な役割なので、感謝を伝えるのと、お礼なども後日しっかりとしてあげてください。

ちなみに、受付の方のお食事ですが、通夜振る舞いはおすすめすることが多いですが、精進落としにはお呼びしないのが慣例です。

喪主の香典 トップへ ↑