エンディングノート無料配布一覧

エンディングノート無料配布・・の画像

いざ、エンディングノートを書くことにしても、どのエンディングノートを選べばいいのでしょうか?

メモリアルな部分も重視したい人、事務的な事だけで充分という人、エンディングノートに残したい内容は人それぞれです。

ここでは無料で手に入るエンディングノートの特長を紹介しているので、選ぶ際の参考にしてみてください。

 


1) 無料エンディングノート一覧
2) 無料のエンディングノートと有料の違い
3) 冊子のエンディングノートなら、すぐに書ける
4) 無料で冊子のエンディングノートを入手してみた

無料エンディングノート一覧

無料のエンディングノートには、入手方法が主に2つあります。

  • ・パソコンでダウンロードしてプリントアウトする
  • ・葬儀社に資料請求すると冊子が郵送で届く

無料のエンディングノートの中でも、評判の良いものはこちらです。

名称 形式 ページ数 項目数
よりそうのお葬式冊子 29 22
ラプラージュ事務所PDF、.doc 32 30
百人百想PDF、Word 55 36
日刊葬儀新聞社PDF、.doc 131 102
すずき行政書士事務所PDF 19~62 21~45
自分史ムービー工房PDF 78 67
終の流儀PDF、Excel、Word 22 27
小さなお葬式冊子 18 20
 

このように無料で手に入るエンディングノートが沢山あるのに、有料のエンディングノートを購入する人がいるのはどうしてでしょうか?

エンディングノート無料配布一覧の目次へ ↑


無料のエンディングノートと有料の違い

無料のエンディングノートは、パソコンからダウンロードするものが多いですが、有料のエンディングノートは冊子になっていて、購入すればすぐに書き始められます。

有料のエンディングノートの中で評判の良い「コクヨ」と無料でもらえるエンディングノートのそれぞれの特長を見てみましょう。

エンディングノート無料配布・・の画像

コクヨ

有料 ¥759~
サイズ/B5
ページ数/64
項目/33
目次/あり

記入のコツやヒントが漫画で描かれているので、書き進め易い。カバー付きなので長期保管も安心です。
CDやDVDの保存ケース付きで写真や映像も残せます。


エンディングノート無料配布・・の画像

よりそうのお葬式

無料 資料請求
サイズ/A4
ページ数/29
項目/22
目次/あり

お客様の声を元に作成しているので、本当に必要な項目でまとめられている。記入欄も大きく書きやすい。



エンディングノート無料配布・・の画像

ラプラージュ事務所

無料 ダウンロード
サイズ/A4
ページ数/32
項目/30
目次/あり

思い出を残すページが多く、これからどんな人生を送りたいかを書き出す、スターティングノートも兼ねている。



エンディングノート無料配布・・の画像

百人百想

無料 ダウンロード
サイズ/A4
ページ数/55
項目/36
目次/あり

誕生から学生時代、社会人、現在までを自分史として辿る作りになっています。写真を貼るスペース、ペットについての項目もあります。


エンディングノート無料配布・・の画像

すずき行政書士事務所

無料 ダウンロード
サイズ/A4
ページ数/19~62
項目/21~45
目次/なし

デザインが32種類と豊富。後半に書き方や、その項目がなぜ必要か?など説明のページがあります。


エンディングノート無料配布・・の画像

日刊葬儀新聞社

無料 ダウンロード
サイズ/A4
ページ数/131
項目/102
目次/なし

年代ごとの思い出のページ、人生のバイオリズム表がある。葬儀の際の副葬品についてのページもあります。


エンディングノート無料配布・・の画像

自分史ムービー工房

無料 ダウンロード
サイズ/A4
ページ数/78
項目/67
目次/なし

必要なページだけプリントできるので便利。
著作権や権利収入の項目があります。



エンディングノート無料配布・・の画像

終の流儀

無料 ダウンロード
サイズ/A4
ページ数/22
項目/27
目次/なし

シンプルな作りで、チェック項目が多く簡単に記入できます。




エンディングノート無料配布・・の画像

小さなお葬式

無料 資料請求
サイズ/A4
ページ数/18
項目/20
目次/なし

事務的な項目に特化してるエンディングノート。お金やカード情報に関する注意事項があり親切。


 

記載項目をみると、それぞれ特色はありますが、どれが優れているとかはないです。
家族に何を伝えたいかで、選べばよいでしょう。

有料エンディングノートの最大の利点は冊子になっていることかなと思いました。

ダウンロード版は無料ではない?!

無料エンディングノートと言っても、ダウンロードして20ページから100ページ以上もプリントアウトするのはとても大変です。
さらに用紙代、インク代もかかることを考慮しましょう。

ダウンロードの方法はPDF、Word、.doc、Excelがあります。Word、.docは同じものです。

  • ・プリントアウトして自分で記入するならPDF
  • ・パソコンで記入してからプリントアウトするならWord、.doc、Excel

プリントアウトするのが面倒な場合は、Wordで記入してパソコンに保存しておくのも1つの方法です。

ただし、家族共有のパソコンでない場合はパスワードや保存場所を知らせておく必要があります。

また、パソコンが壊れてしまうと大変なので、USBに保存するという方法もありますが、いざという時に見つけてもらえないという場合もあるので、やはり紙ベースで残しておくのが良いでしょう。

実際にダウンロードしてプリントしてみたら

エンディングノート無料配布・・の画像

実際に、ダウンロード版のエンディングノートをプリントアウトしてみたのですが、途中でインクが無くなり、補充。
何十ページもプリントしてるとインクが擦れてしまって、ノズルクリーニングしたり、、、と、途中で投げ出したくなりました。

これでは、エンディングノートを書き始める前に挫折してしまいそうなので、有料でも冊子で手に入れてすぐに書き始めたいと思いました。

また、ダウンロード版のエンディングノートだと、普段使いのプリント用紙では長い間保管するには不安があります。

かといって、上質のプリント用紙を使うなら、有料のエンディングノートを購入した方が良いのでは?と感じます。

  • ・面倒な事は苦手
  • ・すぐに書き始めたい

という人は、冊子のエンディングノートがおすすめです。

エンディングノート無料配布一覧の目次へ ↑


冊子のエンディングノートなら、すぐに書ける

冊子のエンディングノートなら、思い立った時にすぐに書き始められます。
有料のコクヨのエンディングノートは、カバー付きで紙質もしっかりしていて長期保存も安心です。

でも、やっぱり無料がいい!という人が利用しているのが、葬儀社の無料資料請求でもらえるエンディングノートです。

無料なのに冊子で貰える「よりそうのお葬式」のエンディングノートは、有料のコクヨのエンディングノートと比べても、紙質も遜色なく安心して保存できます。

エンディングノート無料配布・・の画像

また、有料のコクヨはB5サイズなのですが、無料の「よりそうのお葬式」はA4サイズで、字が大きく、記入枠も大きいのでとても書きやすいです。
さらに、お客様の声を元に作られているので、本当に必要な項目でまとまられています。

エンディングノート無料配布一覧の目次へ ↑


無料で冊子のエンディングノートを入手してみた

【よりそうのお葬式】などでは無料の資料請求するだけで、冊子でエンディングノートがもらえます。実際に資料請求したところ、4日ほどで自宅に届きました。

資料請求すると、電話連絡とかありそうで躊躇しちゃいますが、何社か頼んだところ、どこからもメールも電話も全くありませんでした。

届いてすぐ記入できるのも便利ですし、大切なことですから「手書きで残せる」というのも良いですよね。

有料のエンディングノートでは、構えてしまってなかなか書けないという人、無料がいいけどプリントするのが面倒だという人は、冊子で届く無料の「よりそうのお葬式」などのエンディングノートが良いでしょう。

⇒【よりそうのお葬式】の無料 資料請求のページ

※ リンク先は葬儀の資料請求のページですが、情報入力欄で「郵送を希望」とすると、葬儀の資料と一緒に「 冊子版のエンディングノート 」が届きます。

 

喪主ログ トップへ ↑